鳴門市ドイツ館の刊行物

定期刊行物

鳴門市ドイツ館では館報『ルーエ』を2001年9月から毎年3回(2009年以降毎年2回)発行してきました。またそのドイツ語版も2002年以降年1回発行しております。これまで鳴門市の公式サイト内で公開してきましたが、2014年11月より当サイトに移行することになりました。過去に発行された全号を館報『ルーエ』のページからご覧になれます。上のメニューの「館報」または こちら からどうぞ。

印刷出版物

ドイツ館史料研究会が執筆・翻訳あるいは編集し、当館または鳴門市により刊行された書籍は以下のとおりです。市販しておりませんので、お求めについては鳴門市ドイツ館までお問い合わせください(連絡先はこのページの最下部に書いてあります)。

「どこにいようとそこがドイツだ」(第3版) 発行 鳴門市

A5版、119p。
¥1,000

『ディ・バラッケ』板東俘虜収容所新聞(日本語訳) 発行 鳴門市

第1巻 361p、ハードカバー、箱入
第2巻 417p、ハードカバー、箱入
第3巻 472p、ハードカバー、箱入
第4巻 三分冊、全 658p、ペーパーバック、箱入
 第4巻には帰還船上の新聞「帰国航」も含まれます。
判型:A5
第1巻〜第3巻 ¥3,000、第4巻 ¥4,000

"Die Baracke" Band I

絶版

"Die Baracke" Band II

板東俘虜収容所新聞の第2巻をラテン文字化したもの。 サイズ:185×230
¥4,000

鳴門市ドイツ館所蔵品目録  

板東俘虜収容所ならびに第一世界大戦時の全国収容所関連史料
判型:A4、161p

 

CD-ROM(電子テキスト版)

次の3つはCDによる電子出版となっています。中身はPDFファイルです。制作当時はパソコン上でAdobe Readerを使って読むことを想定していましたが、タブレット端末やスマートフォンでも、Adobe ReaderなどのPDFが読めるアプリをインストールした上で、中身のPDFファイルを転送すれば読めるようになります。

"Die Baracke - Zeitung für das Kriegsgefangenenlager Bando, Japan" Band I - Band IV

筆記体印刷の原文をテキスト入力し、編集したドイツ語版で、単なる画像ではありません。日本語訳同様、"Die Heimfahrt"(帰国航)も含みます。
¥3,000

"Hie gut Deutschland alleweg!"

Eine Einführunhg in die Geschichte des Kriegsgefangenlagers Bando
上記の「どこにいようとそこがドイツだ!」のドイツ語訳です。
¥700

トクシマ・アンツァイガー -- 徳島俘虜収容所新聞  

無料
当サイトにCDの中味をアップロードしてあります(上の「詳細を見る」からどうぞ)。

 


なお、史料研究会と直接の関係はないのですが、研究誌「青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究」の取扱いも鳴門市ドイツ館で行っています。

「青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究」

これまでに第11号まで発行されています。価格は一部500円となっています。なお判型は 創刊号〜第7号が A4、第8号からは A5 となっています。

 


お問い合せ:

鳴門市ドイツ館  〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
TEL: 088-689-0909 FAX: 088-689-0909
E-Mail: info@doitsukan.com